治療中の方へ

クラウンやインレーをセットされた方へ〉

 セメント合着後は、離脱の原因になるため、約1時間は飲食をお控えください。

 

 <抜歯した方へ>

圧迫止血といってガーゼを30分位噛み続けていただくことにより血が止まっていきます。

ガーゼを四つ折りにして強くかんで下さい。

麻酔がまだ1時間ほど残ってしびれていますので、唇をかまないように気をつけて下さい。

抜歯の当日はプール、激しい運動、飲酒、長風呂はお控え下さい。

血のめぐりがよくなり、再出血するかもしれません。

抜いた後の傷口を舌や指で触らないようにして下さい。

うがいをしすぎるとかえって治りが悪くなることもあります。

抗生物質 頓服を処方させていただきます。薬局でお受け取りください。

抗生物質の方は、必ず飲みきっていただきますようにお願いいたします。

 

たばこを吸われる方>

毛細血管の血流が悪くなっており、粘膜の回復が遅いため骨が露出し、ドライソケットといって、強い痛みがでることが多いので、たばこはできるだけお控えください。

 

高血圧や骨粗鬆症でお薬を服用されてみえる方へ>

骨粗鬆症でビスフォスフォネート製剤を服用されていたり、

抗血栓薬といって血液をさらさらにする薬などを服用されている場合は、抜歯の術前にお知らせください。 

 

 

根管治療をされている方へ

歯の神経を歯髄と言います。

虫歯菌の感染が歯髄まで進行している状態をC3といいます。

歯髄が生きていれば、痛みがあるので麻酔をして抜髄(根管治療)をします。

歯髄が死んでいれば、歯髄自体にいたみがない場合は麻酔をしないこともあります。感染根管治療(根管治療)をします。特に感染根管の場合は、歯槽骨の奥に細菌感染していたり、コアの太い場合歯根にヒビが入っていたりして、根管治療が奏功せず、抜歯にいたる可能性がまれにあります。

 数回かけて細くて見にくい根管内を手探りできれいに消毒していきます。根管治療後は、2〜3日重い痛みを感じやすいことが多いです。

 感染根管になっている場合、その根管を穿通すると、術中もしくは夜間に痛みが強くでることもあります。

 症状が落ち着いてきたら、根管充填し、コアを作り、クラウンを被せます。

根管治療は歯を保存するための大事な処置です。そのため予約時間を40分としっかり確保させていただきます。ですから根管治療中の予約時間に大幅に遅刻されたり、キャンセルをなさいますと次の治療の予約をなかなか入れられなかったり、治療を中断してしまい、かえって症状が悪化してしまい抜歯に至るケースもありますのでご注意ください。

およそ治療期間は、4〜5回みておいてください。

(治療後)

1 抗生物質 または 頓服が処方された方は、薬局でお受け取りください。

2 治療中の歯で、物をかんだりされると、強い痛みがでたり歯の破折をおこすことがあるので注意してください。仮封セメントの硬化に1時間かかります。その後もできるだけ反対側で食べるようにして下さい。

もし万が一、仮封セメントが取れてしまった場合は、細菌感染するといけませんのですぐに診させていただきたいので、ご連絡いただきますようお願いいたします。

3 治療後、まだ麻酔のしびれが残っている場合、飲み物がこぼれたり、唇をかんだり、特に熱いものはやけどなさったりする可能性がありますので注意して下さい。

あまりにも強い痛み、腫れがでてきた場合は、ご連絡ください。

 

根管治療 重要事項

途中で根管治療を中断、仮封が取れたまま放置、プラークや唾液等から細菌感染すると、さらに奥の骨の方へ感染が広がり、中で虫歯が広がり歯が破折し、抜歯に至ることがありますのでご注意ください。

 

 

 

 

義歯を装着した方へ〉

入れ歯を装着するときは、歯で噛んでいれるのではく、両手で義歯を入れるようにしてください。

毎日義歯ブラシで優しく水洗いしてください。入れ歯は熱により変形することがありますので、絶対に煮沸しないでください。

夜間 外して寝るときは、乾燥による変形を防ぐため、コップなどの容器に水、または入れ歯洗浄剤を入れて保存してください。

義歯作成前に抜歯をしていたり やせたりされると 歯や歯茎の状態が少しずつ変化します。もしも 義歯が合わない、痛い、噛みにくい、バネがゆるいなど少しでも感じたら自分で調整せず、必ずご連絡ください。

 

 TCH〈くいしばり、歯ぎしりからくる痛みについて〉ブラキサ クレンチング

くいしばりとは、上下の歯をかみしめることです。歯の食いしばりは歯ぎしりなどと同じように歯とそれを支える歯周組織にとって大きなダメージになります。歯と歯が1日に接している時間は、食事の時に15分から20分程度です。それ以外の時間は下顎安静空隙(あんせいくうげき)といって歯が1mmだけお口の中で浮いているのが理想です。しかし、ストレスや寒さなどから食いしばりで歯や顎関節あるいは咀嚼筋の痛みを訴える方は、日中でも無意識に歯を接触させてしまって痛みを訴えることが多くみられます。歯周組織はちょっとした持続した力に弱いとも言えます。症状を改善するためには、生活習慣の中で常に意識して1mm程度 歯を浮かせる、頬杖をやめる、ガムをよく食べる方は味がなくなったら捨てるなど、生活習慣の改善がとても大切になってきます。ナイトガードの作製することは、すり減りよる咬合高径の低下スピードを遅くし、歯冠、歯根破折の減少、歯周病の進行等もゆっくりにできます。

 

 

ナイトガードをつけた方へ〉

洗浄のしかたは、食器用洗剤で洗う。このとき、歯ブラシなど使用するとナイトガードを傷つけてしまう可能性があるので、必ず優しく洗浄してください。

また、洗浄するときはお湯で洗うと変形してしまう可能性があるので水洗いしてください。

破れてしまった場合は、作り直しになります。