一宮市の歯医者
歯科・小児歯科・矯正歯科・歯科口腔外科

一宮市 苅安賀歯科クリニック
メニュー

小児矯正

 

歯科矯正の特殊性

1 自由診療である 保険診療ではない

2 本人の協力が最重要である

3 治療期間が長期間で通院が必要である

4 家族や周囲の理解と協力が必要である

5 他の診療科との連携が必要になることがある

6 親知らずと小臼歯の抜歯が必要となることがある

7 保定期間が必要である 悪習癖が残っていると後戻りする ex舌癖

8 虫歯予防のためブラッシング指導とプラークコントロール フッ素塗布が必要

9 矯正装置をつけることが必要となり、動的治療中 痛みがあることがある

10 虫歯 歯髄壊死 歯根吸収 顎関節症のリスクへの一定の理解が必要である

11 ニッケル チタン レジン アレルギーの場合 矯正治療が困難となる場合がある


<I期治療>小児矯正

主訴の改善 または 10歳の誕生日までを一旦の区切り 

前歯の反対被蓋の改善 

臼歯部クロスバイトの改善 

プレオルソによる叢生の緩和 と レベリング


<Ⅱ期治療> 本格 成人矯正 

永久歯7萌出 永久歯列完成するから開始 

動的治療 2年から3年  保定期間経過観察約2年

親知らずの抜歯が必要となることが多い 

第一小臼歯の抜歯を必要とすることがあります

 

<口腔内規格写真>

 

 

<レントゲン撮影>

 

<セファロ>

.jpg

角度 長さを計測し、診断し、治療計画を立案します

 

<手根骨レントゲン>

.jpg

成長が終了しているか、思春期成長がまだのこっているか参考にします 

 

 

 

 

 

 

 

症例はこちら