HOME ≫ 小児矯正 ≫

矯正歯科 小児矯正歯科

歯並びのご相談(初回のみ約15分無料)でご予約ください

矯正治療は自由診療となります 
本来であれば相談料をいただくべきであることをご理解ください

定期検診で通っていただいている患者さん優先に行っています

歯科矯正の特殊性

1 自由診療である 保険診療ではない

2 本人の意思 と 両親のはげまし が重要

3 治療期間が長期間で通院が必要である

4 保育園 学校の先生など周囲の理解と協力が必要な時がある

5 耳鼻科 や 口腔外科との連携が必要になることがある

6 親知らずと小臼歯の抜歯が必要となることがある

7 保定期間が必要である 悪習癖が残っていると後戻りする ex 舌のくせ 吸引ぐせ

8 虫歯予防のためブラッシング指導とプラークコントロール フッ素塗布が必要

9 矯正装置をつけることが必要、動的治療中 痛みがあることがある

10 虫歯 歯髄壊死 歯根吸収 顎関節症のリスクへの一定の理解が必要である

11 ニッケル チタン レジン アレルギーの場合 矯正治療が困難となる場合がある

可撤装置(自分で外して使う器具)は、
就寝時 8時間 プラスα(お風呂 宿題中 塾)の2時間 確保してください

部活で、、、とかいう家庭は、うまく治療が進まないことが多いです。

部活を休んで、または予約時間のために両親が学校まで迎えにいってくれる家庭のほうが順調に治療が進むことが多いです。

<I期治療>小児矯正

目的 主訴の改善 1つまで 
期間 12歳まで 


例 前歯11の反対被蓋の改善 

  臼歯部クロスバイトの改善 

  叢生緩和

プレオルソ 100,000〜 税別 (2個目 30,000 税別)
成長が期待できる 小学校低学年の骨の柔らかい時期が適用時期です
口腔周囲筋の調和 鼻呼吸 叢生の緩和 と レベリング により 
Ⅱ期治療の難易度を下げ、治療期間も短くなることが期待できます
柔らかいシリコンでできており、自分でつけたり外したりできます
就寝中(8時間)と 起きている2時間以上 の使用をお願いします
持っているだけで、お口に入れて使わなければ効果はありません
100点の治療はできないので、希望されれば捻転等の治療は、成人(Ⅱ期治療)矯正で行います

2X4 200,000〜 税別

拡大装置 200,000〜 税別

<Ⅱ期治療> 本格矯正 成人矯正

目的   理想的な歯列咬合の獲得
期間   動的治療 2年から3年  保定期間 約2年
適応時期 13歳 中学生 永久歯7の萌出後、永久歯列完成から開始 
     大人でも可能です
     歯周病のリスクが高い場合は、おことわりする場合もございます 
基本料金 650,000(税別) + 毎月5,000(税別)の


 

18歳ころ 親知らずの抜歯が必要となることが多くあります

口元の状態により、第一小臼歯の抜歯を必要とすることがあります

症例はこちら

ブログカテゴリ

モバイルサイト

苅安賀歯科クリニックスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら

歯の細胞バンク