お口のケア

明眸皓歯(めいぼうこうし)ということわざがありますが 健康的な白い歯で口元に自信があれば 素敵な笑顔になります そのためには お肌のお手入れと同様に お口も セルフケア(歯ブラシ フロス)だけではなく 信頼できるかかりつけ歯医者さんで定期メインテナンスとして プロフェッショナルケアをうけられています オーラルケアで特に重要なことは 目に見える変化を感じる前に定期メインナンスをスタートすることです 多くの方が、痛い 腫れた 歯がぐらぐらする といった症状がでてからお見えです なんとかなりませんかと言われましても実際手遅れで抜歯にいたるケースも少なくありません 10年後も素敵な笑顔ときれいな口元であるために、メーク や スキンケア クルマのワックスがけ の時間を少しお口のケアの時間にしていただけると幸いです 人生で後悔したこと 第一位はもっとお口のケアをしておけばよかっただそうです。

<オーラルケアのポイント>

夜 寝る30分前に 歯ブラシを する

フロス ワンタフト 歯間ブラシ(指導させて頂いた方のみ) を使用する

炭酸飲料 スポーツドリンク 酢 は避ける

規則正しい生活を送る

毎月 歯科衛生士によるお口のプロフェッショナルケアを 受ける

成人後は、硬い食品は控える

味のなくなった ガム をかみ続けない

常に 奥歯が少し浮いており 唇は閉じて 鼻呼吸で 生活する

歯ブラシ は 1ヶ月に一度 交換する  こども 噛んで開いてしまう場合 2週間ごとに 交換する

フッ素入り歯磨き (チェックアップ MIペースト)をホームケアに取り入れる

口腔保護枕を使って寝る

大人用

フロス

歯間ブラシ

ウルトラフロス

しまじろう

あいうべ体操

ブログカテゴリ

モバイルサイト

医療法人 健口会 一宮苅安賀歯科こども歯科スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら

歯の細胞バンク