小児歯科 Pediatric dentistry 

初診時は、緊急の場合を除き、いやがる子どもを押さえつけてまで無理やり治療しないようにしています。

これは、歯科に恐怖心を植えつけないようにするためです。

まず、歯医者さんの雰囲気に慣れてもらう。自分から診療チェアにあがりお口の中を見せてもらえるよう

スタッフがいろいろな工夫をしています。緊張で泣いてしまうこどもさんもいますが、

そういう時にも怒らず優しく接するよう努めていますので、安心してご来院ください。

歯が生え始めたころから来院され なかなか診療台に上がれず、中にはお口をしっかりみせてくれるまでに半年だったり、

ひとりで座れるまでに2年近くかかることもあります。がんばった子には、ごほうびもあります。

虫歯のない子は、使い捨ての歯ブラシでクリーニングをしてからフッ素をします。

虫歯がある子の場合は、虫歯の進行止めを使いながら、虫歯治療へ向けてのトレーニングからです。

乳歯だからといって虫歯や悪いクセを放置してはいけません。永久歯に悪影響があります。例えば

近心に歯が倒れて、永久歯の生えるスペースが狭くなり、将来、歯列不正の原因になったりします。

早くからブラッシングが確立していると、永久歯も虫歯になりにくくなることと思います。

定期健診、虫歯の予防処置での来院は、虫歯治療のように恐怖や痛みを感じることもありません。

歯ブラシは、すべて使い捨てとし、ご本人にさしあげています。持参もしくはその場でお買い求めいただければ幸いです。

歯医者さんへ楽しくいきたい その経験を通して将来歯医者さんや歯科衛生士さんになりたいと夢をもってくれるといいなと考えています。

できるまでのトレーニングステップ

rabadam

やさしい
 

母さんとなら診療室に入ってこれる

ひざの上ならお口を開けてくれる

1人ですわれるようになる

歯ブラシならお口を開けてくれる

ぶくぶく うがいができる

フッ素塗布ができる

ミラーを 口に入れられる

バキューム エアーができる

シーラントができる

麻酔ができる 

タービン等の切削器具 が使える

こども本人だけ で 診療室へ入れる  保護者は待合室で待つことができる

パノラマレントゲンをレントゲン室で一人で入って撮影できる 10秒静止じっとしていられる

ラバーダム(右写真)が装着できる


むずかしい

_2018-05-02_18.02.22

口腔機能発育不全

最近 おくちポカン (口呼吸)の子が増えてきているそうです。おかあさんはやすめに代表される洋食中心で、かぶりつく食生活が減ってきたからのでしょうか?そういった子の特徴は、風邪をひきやすく学校を休みがち 歯並びも出っ歯(2級)でせまくなって悪いことがわかってきました。鼻腔のラジエター機能(鼻で呼吸することで、熱を出す脳底部が冷却される)が低下するため、脳の集中力が欠け、偏差値にも影響することも報告されています。ふうせんが膨らませられない、ケーキのろうそくを1回で消せない、口笛が吹けないなどの症状がある場合は、口腔機能発育不全症が疑われます。口呼吸はいいことがありません。歯周病,口臭,虫歯さらには睡眠時無呼吸のリスクが高まるそうです。りっぷるくんで口唇閉鎖力を測定し、MFTを行ってお口をしっかり閉じれ、口呼吸から鼻呼吸に 舌の位置は哺乳時の低位から正常な位置へ、良い姿勢、良い食生活で健全な口腔機能をもった子どもたちを育成できたらと考えています。

_2017-05-27_15.30.50
_2017-05-27_15.31.49
_2017-05-27_15.33.54
_2017-05-27_15.34.52
2
3_
4_6
5_
6_QA

ブログカテゴリ

モバイルサイト

苅安賀歯科クリニックスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら

歯の細胞バンク